--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/31

[emacs]メモ術 - ChangeLog

例えば授業や、先輩から聞いた話をすぐに覚えるのは得意なんだけど、それを長い間保ちつづけるのが、俺は苦手だ。そこで記憶が確かなうちにメモを残すことを始めた。

色々調べたところ、ChangeLogなるものが使い易そうだったので、紹介しておく。


ChangeLogとは


テキストエディタで編集できる形式のメモである。ここではEmacs上でのChangeLogの扱いを紹介する。
ChangeLogの取りかたは簡単。C-x 4 aとコマンドを打つだけである。
例えば test.txt というファイルを編集中に C-x 4 a と打つと、

<日付> <ユーザ名> <ホスト名>
     * test.txt:

こんな感じで、いつ、誰が、どのファイルを編集したかが自動的に記録される。「:」の後に編集内容をメモしておけばなおよい。
また、別にファイルの編集記録を残すためだけに使う必要はない。C-x 4 a だけで手軽に呼び出せるメモなのだから、これを有効活用しないのはもったいない。ということでこんな感じにメモをとる。



また、カテゴリに統一感を持たせれば検索(C-s)・抽出(M-x occur)も容易である。



ChangeLogの利点


まず、特別なソフトウェアがいらないということである。別途のソフトウェアが必要であると、その起動や導入が既にめんどくさい。絶対に続かない。

次に、ひとつのファイルにまとめることができるので、管理が楽ということだ。例えばメモファイルを、プログラミング、ネタ、URLなどとカテゴリ毎に違うファイルに記録しておくと、どれをどのファイルにいれたかを忘れたり、いちいち違うファイルを開いて編集したりするのがめんどくさい。これもまた続かない。

日付が残るというのも利点のひとつである。作業記録にも利用できる。また、新しいメモは必ず一番上に記録されるため、上からざっと眺めれば最近の作業内容を確認できる。

そして、操作が容易であるということだ。紹介したとおり、検索・抽出、またテキストエディタでの編集ができるので当然編集も楽である。


ChangeLogの欠点


第一に画像の扱いが難しいことだ。 /home/image/aaa.jpg などとURLを貼ったり、アスキーアートで凌いだりするしかない。Elispを使いこなせる人は emacs にも画像を埋め込めることができるみたいだけど・・・。

次に長い文章を記録するのが難しいこと。長い文章をそのままコピペで記録しようとすると、レイアウトは崩れ、抽出の妨げになったりする可能性がある。


欠点を差し引いても簡単なメモを残すにはもってこいの機能であることは間違いない。手軽さが素晴らしい。
プログラミングのテクニック、複雑なUNIXコマンド、どこに何がある、面白かった画像のURL、思いついたネタ、友人の名言、自分の迷言、ゲームの記録、自慢、なんでも書きなぐってやろう。

2006/12/28

[linux]beryl無事復活

無事復活しました。

まず、nvidiaの純正ドライバをDLし、インストールする。
純正ドライバ
なおインストールする際は以下の操作をコンソールに入力する。
#/sbin/init 3(こうした後にログアウトするとrunlevel3、つまりCUI画面でのログインになる)
#yum remove kmod-nvidia(既存のnvidia関連を消去)
----------ここでログアウトする。以下はCUI上での操作--------

#sh *.run(DLした.runファイルを実行する)
色々尋ねられたけど全部yesにしました。英語に疎いもんで。
#/sbin/init 5(runlevel5に戻す)
$startx(X Window Systemの起動)

---------ここからGUI画面--------------
#nvidia-xconfig(/etc/X11/xorg.confを純正ドライバ流に書き換えるスクリプト、って感じ)
#vi /etc/X11/xorg.conf
Section "Device"に以下を追加。
Option "AddARGBGLXVisuals" "True"


これで復活しました。検索に引っかかるように、出てきたエラーメッセージも分かるぶんだけぶっこんでおきます。
beryl: No GLXFBConfig for depth 32
couldn't find RGB GLX visual
beryl: Root visual is not a GL visual
extension "GLX" missing on display ":0.0".
Failed to initialize GLX extension (Compatible NVIDIA X driver not found)

2006/12/27

[linux]kernelのアップデートでberylが動作せず

ひさしぶりにyum updateしてみたらkernelが更新されたので、kernelが更新されたときにいっしょにする作業として、nvidiaのドライバの更新と、ntfsの更新をしなければならない。バージョンの違いでXが起動しなくなったりするからだ。

とゆーわけで
yum install --enablerepo=livna-testing kmod-nvidia
yum install --enablerepo=livna ntfs
した後、再起動したところ、画面が真っ白になった。

何回かCtrl+Alt+BSを繰り返していると画面が写ったのでいじってみると、Berylが動作していない。どうやら原因はBerylらしい。試しにWidnowManagerをBerylに変えてみると案の定画面が真っ白に。

いろいろ調べてみるとKernelのバージョンとnvidiaドライバのバージョンがあってないらしい。ちゃんとyum install kmod-nvidiaしたのに。

まぁそんなこんなでまだ解決してません。今はMetacity(GNOME標準のWindowManager)で凌いではいるけど、3Dデスクトップじゃないデスクトップなんていやだ!ってことでまた色々解決方法探ってみます・・・。

2006/12/21

[emacs memo]色分け表示

.emacsに以下を追記。

(global-font-lock-mode t)
(require 'font-lock)

2006/12/20

[linux]emacs C-h t

C-h t
つまりはemacsのチュートリアルを読み終えた。ぼちぼち慣れていきざんしょう。

あとPython-2.5をインストールしたはいいものの、import Tkinterでエラーが出る。

-------------------------------------------
Traceback (most recent call last):
File "", line 1, in
File "/usr/local/lib/python2.5/lib-tk/Tkinter.py", line 38, in
import _tkinter # If this fails your Python may not be configured for Tk
ImportError: No module named _tkinter
-------------------------------------------

lib-tk/Tkinter.py内で_tkinterモジュールを呼び出す仕組みなんだけど、_tkinterモジュールがないですよー、っていうのは分かった。しかし、いかんせん解決策がサパーリ。いろいろ検索もしてみたけれど、これといった解決策も見付からず。
まぁ当分は使わない機能だとは思うのでとりあえず放置・・・。

2006/12/14

[Python]参考サイト

先日こんなサイトを見つけて(というよりは前々から検索にヒットはしていたけどスルーしていたHPを覗いてみた)、そこを参考にしながらPythonの勉強をしている。

http://ar.aichi-u.ac.jp/python/

愛知大のゼミで使ってる教材をPDF化したものかな?ただで大学の講義で使われてる教材を使って勉強できる。インターネットって素晴らしい。

普通、言語の入門サイトというのは、インタプリタ(コンパイラ)のインストールからや、Hello Worldの作り方などから始まる。(Hello Worldはコンパイラが正常に動くかどうか確認するのにも使うけど)
しかしここの教材は、まずプログラミング的な考え方の導入から始まっている。主に暦を扱ったものが多い。
それが一通り済んだ後、文法的な内容に入っている。これは理解が深まるな、と感じた。
さらにPythonによるGUIの構築に関する資料も数点ある。日本語資料が大変少ないため、学習したいけど・・・って人も多いはず。ここを参考にしてみてはいかがだろうか。(私は目を通してないので内容については分からないけど。)

なにはともあれ、これからPythonを学ぼうとする人にはお薦めしたいサイトである。

2006/12/05

スクリーンショット&雑記

 

やばい。イイ。

最近こんなBlogを発見。
プログラミングに自信のあるやつこい!

もう更新されてないみたいだけど、なかなか痺れる内容だった。とゆーよりは自分の無力さを知ったとゆーか。この1年半、俺は何をしていたんだろうか、と思わされた。いい刺激になった。

本気で勉強してみよう。

2006/12/03

[Linux]Fedora Core 6 インストール

無事Fedora Core 6のインストールが終了したので、インストールまでの経緯を。

まず、Windowsのパーティションを縮めるべく、Windowsのデフラグをしました。それを待つ間にFC6のISOイメージを焼きました。

デフラグ終了後、再びFC5に戻り、gpartedでパーティションの編集を行った。Windowsのパーティションを縮め、ぐちゃぐちゃになってたLinux領域をすべて削除→フォーマットでまとめようとしたら、使用中のパーティションは編集できないぜとエラーが出ました。
うまくいかなかったのはフォーマットの作業だけで、Linuxの領域は消しちゃってるので、当然ブートローダや、FC5は立ち上がらない。ブートローダが立ち上がらないので、Windowsも立ち上がらない。

というわけでKNOPPIXで立ち上げる。
無事立ち上がったのでQTPartedでフォーマットできなかった部分のパーティションをフォーマットしてKNOPPIX終了。

その後FC6をインストールしました。

その後はここを見ながら設定を進めていきました。Linkにも追加しています。大変参考になります。

2006/12/02

fedora core 6 インストール計画

現在WindowsXPのネトゲとか、重いアプリケーションを削除して、デフラグしているところ。この後Fedora Core 5に戻ってパーティションを編集し、Linux領域をフォーマットしたのち、Fedora Core 6をインストールする予定。

今更感が漂うけれども、Fedora Core 6のインストールが成功した暁には、その経緯を書かせていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。