--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/28

[linux]apache2の設定方法が変わった?

javascriptの勉強をしようと思ってapache2の設定をしてたんだけど、今は/etc/apache2/httpd.confが設定ファイルではないらしい。/etc/apache2/READMEに設定に関する説明があった。

まとめると、/etc/apache2/apache2.confというファイルがメインの設定ファイルになっており、その他のディレクトリやファイルにメイン設定以外の設定を記述する、というもの。例えばaddDefaultCharsetはapache2.conf内にはなく、conf.d内のcharsetというファイルに記述されていた。

今回の目的のDocumentRootはsites-avaliable/defaultに記述されていたので設定を変更した。

apacheに関しては全然詳しくないので、詳細な説明は各解説サイトを御覧アレ。


追記

よくよく調べてみるとこの構成はdebian特有の配置らしい。ubuntuもdebian系のディストリビューションであるので、それを受け継いでいるんだろう。以下の記事に詳しく記述してあった。

Debian sarge apache2 webdav (aptitude install)

2007/04/28

速読勉強術

今月最初で最後の自己投資。100円の猶予も許されない生活なんだけど、本1冊買うくらいの余裕ができたので、どうしても買いたかった速読に関する本を購入した。

速読勉強術

この本は他の速読本とは違い、高速大量回転法という著者が実際に行っていた速読を用いた勉強方法を紹介している。速く読むことを何度も(高速に、そして大量に)繰り返し(回転させる)ことから由来している。

最初から本全文を高速大量回転させるのは難しいので、

  1. タイトル
  2. まえがき&あとがき
  3. 目次
  4. 見出し
  5. 本文

の順に高速回転の焦点を段階的に変更していくと内容を掴み易いという紹介もあった。目次や見出しに関しては、以前から気づいていた。目次というのはその章の中身を要約したものだし、見出しは目次より細かい単位での要約になっているからだ。

この本を読みながら実践してみたが、なかなかいい感じである。

よくよく思い出してみると、先日友人Sがこの勉強法を紹介していた。もっと早く教えてくれればよかったのに。

2007/04/28

[firefox]メモリ使用法を改善して高速化

はてブ利用者ならもう知ってると思うけど一応紹介。

効果歴然!Firefoxのメモリ使用法を変更して軽快に動作させる方法。

Firefoxは多機能である上に、拡張機能を多数インストールするなどで、日に日にヘビーなブラウジング環境になりがちです。

海外のブログでは、様々なFirefoxの動作軽量化や速度向上についてのTip'sが多く書かれていますが、あてにならないもの、それはちょっと怖いな・・というカスタムも多いのでうかつには手を出せません。

一応ユーザーとして一通り試していますが、その中でも簡単で安全と思われ、効果を体感できたメモリマネジメント方法をご紹介します。

たしかに早くなった。さくっと起動してくれるし、ページの表示も以前より改善されてる。お試しアレ。

2007/04/26

エキスパートCプログラミング

エキスパートCプログラミング

確か1年半位前、学校でCをやっていたころに買った本。もう当分Cをいじることはなさそうなので、今Cの社内研修を受けていて、仕事でCを扱う予定の友人S君にあげることにした。

せっかくなのでもう1回読み直してみた。

C言語が内部的にどういう風に動いているのかなどという低レベルな話題や、C言語に纏わる雑学的な話、配列とポインタについての痒いところに手が届く解説、C++への招待など、C言語入門書を一通り終えた人向けの内容である。

Cのポインタと配列について少し興味があったので、そこに絞って読んでみた。
配列やポインタがどのようにその領域をメモリ上に確保するのか、など低レベルな話がつらつらと書いてある。また、どういったとき配列はポインタとして扱われるか、など言語仕様的な話題ももちろん記述されている。

今はすっかりJavaやPythonなど、旬な言語にどっぷり浸かってる僕だけど、こういったC言語の解説書を見ていると、今僕がなんと楽にプログラミングしているかを痛感させられる。こんな低レベルなこと、ずいぶん考えてないな、と何度も思った。

ちなみに途中で力尽きて読むのをやめたのは秘密である。

2007/04/24

[ubuntu]update to feisty

Update Managerに「Feistyへアップグレードする」みたいなメッセージが出てることに最近気づい た。何も調べずにやるのはちょっと恐かったのでちょっとwebで調べてみると簡単とのこ と。なのでやってみた。

  1. sudo apt-get update
  2. メニュー→システム→システム管理→アップグレードマネージャ
  3. Feistyへアップグレード

基本的にこれで終了。僕の場合は正味3,40分ってところで終わりました。update途中、 ダイアログが出てくるけど、そこは臨機応変に答える感じで。

で、この作業でnvidia driverが自動的に書き換えられるんだけど、この状態のままBerylを動かすと動作が 鈍くなる。ので、Synapticから、より新しいのnvidia driverをインストールする必要が あった。手順は以下。

  1. メニュー→システム→システム管理→Synaptic
  2. nvidia-glxで検索
  3. nvidia-glx-newをインストール

終わったらAlt-Ctrl-BSなどでXを再起動する。

しかしubuntu、というよりaptは素晴らしいツールだと改めて思う。あるツールをインストールしようとすれば、それに必要なライブラリなりなんなりを勝手に一緒にインストールしてくれる。redhat系ディストリのyumではこう はいかない。

最近自宅サーバ設置計画を腹の底で企んでいるんだけど、この調子なら サーバOSもubuntu-serverでよさそ。

2007/04/22

[ubuntu]how to install eclipse(日本語化)

UbuntuにEclipseをインストールして日本語化する方法を紹介します。

  1. sudo apt-get install eclipse
  2. Eclipseの言語ファイル置場からLinux用のNLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-gtk.zipをダウンロードする。
  3. unzip NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-gtk.zip
  4. cd eclipse
  5. sudo cp -rf * /usr/lib/eclipse
  6. eclipse またはメインメニュー -> プログラミング -> Eclipseで起動。

※実はこの記事1度消去したんだけど、アクセス解析で検索ワードを見ると結構これ目的で訪れてる人が多かったので書き直しました。

2007/04/21

[linux]screen

Let's use SCREENというページでscreenというツールを知り、同ページのscreen使用例(screen入門みたいなもの)を見ながら一通り試してみた。

なかなか使い易い。同時に複数の仮想端末を使えるのはかなりいい。screenとscreenを使わないとじゃ、タブ機能のないIE6とタブ機能を備えたfirefoxくらいの違いがある。

例えば、今までPythonコードをvimで編集して実行する、という作業を以下のようにやっていた。

  1. 2つコンソールを開いておく。
  2. 片っぽでvimを起動し、編集する。
  3. もうかたっぽで実行する。

まぁこれでもできなくはないけど、なんか腑に落ちないところはあった。

screenを使えば次のようになる。

  1. コンソールを1つ立ち上げ、screenを起動する。
  2. 仮想端末を2つにする。
  3. 片方の仮想端末上ではvimで編集作業を行う。
  4. 仮想端末を切替え、実行する。

これでウィンドウ切替えのときに、2つのコンソールの間に入ったfirefoxと間違えるみたいな感じのうざったさからも開放される。

もちろんこれの他にも機能があり、それぞれの機能が魅力的であることを忘れてはいけない。興味が湧いた人はLet's use SCREENを見るよろし。

CUIで作業する人にはおすすめ。

2007/04/12

XHTML/CSSが面白い

最近また面白く感じてきたXHTML/CSS。
適当にblogいじりながら遊んでみようと思う。

つかblog編集エディタで改行がそのまま適用されないようにする方法ってないのかな。例えば

<p>1段落目</p>
<p>2段落目</p>

ってやると

1段落目


2段落目

のようになる。コードを見やすくするとblogそのものの可読性が失われてしまう。というのは建前で、こんなに無駄に改行が入るのは俺が許せない。嫌い。

だからこうやってる

<p>1段落目</p><p>2段落目</p>

これなら次のように、理想的な表示になる。

1段落目

2段落目

しかしいかんせん書きにくいし、コードを見てもらえば分かるけど1行に詰め込んでてうざい。別に誰が見るってわけでもないし、文構造はきちんとしてるからいいんだけどさ。

どうにかならんかなぁ。

2007/04/11

[Python]素数を求めるスクリプト色々

mixiのPythonコミュニティで盛り上がってたので自分でも作ってみた。

prime.py

#!/usr/bin/python
#-*- coding:utf-8 -*-

a = [2]

#配列を使いまわす用
def clear():
a = [2]

#基本(自作)
def prime1(n=100):
for e in range(3,n):
for i in a:
if e % i == 0:
break
else:
a.append(e)
print a

#filter + lambda(投稿されてたやつ)
def prime2(n=100):
for e in xrange(3,100,2):
if not filter(lambda x: e % x == 0, a):
a.append(e)
print a

#リスト内包表記(上のやつを元にした)
def prime3(n=100):
for e in xrange(3,n+1,2):
if not [i for i in a if e % i == 0]:
a.append(e)
print a

prime1()
clear()

prime2()
clear()

prime3()
clear()

結果

$ python prime.py
[2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, 43, 47, 53, 59, 61, 67, 71, 73, 79, 83, 89, 97]
[2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, 43, 47, 53, 59, 61, 67, 71, 73, 79, 83, 89, 97]
[2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, 43, 47, 53, 59, 61, 67, 71, 73, 79, 83, 89, 97]

色々やり方があるもんだね。たぶんまだまだあると思う。自分一人じゃ2番目のは思い付かなかった。なんか勉強する気が起きた。

2007/04/10

プログラムを勉強するのに必要なもの

それは目的。なんでもいい。

  • 仕事で必要だから。
  • ゲームを作りたい。
  • Linuxを改造したい。
  • webサービスを作りたい。

挙げるとキリがないが、何かを勉強しようとするときにはとにかくなんでもいいから目標を持つべき。目標がないと俺のようになってしまう。入門書・入門サイトを一通り読んで終了。なんかこう、何かを作りたい、ってのがない。

いや、正確にはなかった。今はある。というか思い付いた。こんなのあったら面白そうだなってのが。すぐにできるようなものではないけどね。

適当にがんばってみようかと思う。

2007/04/10

[Java]Effective Java訂正

[Java]Effective Java

最後の2章(特にスレッドの章)は全く予備知識がなかったのでほとんど理解することができなかったので、日を改めて読んでみたい。

スレッドのほうはやっぱりある程度スレッドに関する予備知識がないと厳しいけど、最後の章のシリアライズに関しては予備知識がなくとも読むべきだった。訂正しておく。

2007/04/10

[Java]Effective Java

先々週にEffective Javaを購入し、先ほど読み終えた。
最後の2章(特にスレッドの章)は全く予備知識がなかったのでほとんど理解することができなかったので、日を改めて読んでみたい。

Java入門書を一通り終えた人向けに書かれた本。といってもたぶん入門書読み終えたレベルじゃ完全に理解してしまうのは難しいと思うから何回か読むことになると思う。

がしかしどれもこれもJavaでの開発に携わるならば必須事項なので、完全に中身を把握しておかなければならない一冊だろう。たぶん。

この本を読んで感じたことは、java.util、java.lang、java.ioの一部の中身に対する理解を深めておく(完全に使いこなせるようになる)ことは、Javaで開発を行う人間の最低限のたしなみである、という風なことだ。
他のパッケージに関してはその都度覚えていけばいい。ただし、上記の3つのパッケージは特別で、かなり汎用的に作られており様々なソフトウェアに用いることができる(用いなければならない状況が多い)ので、完全に自分のものにしておくべきだ、ということだ。

とにかく、Java開発に携わる人なら読む価値のある本である。

次は彼女さんが買ってきた、洗う大百科でも読むか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。