--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/27

pdf

画面いっぱいにpdfを開き、それを参照しつつアレコレしてる。綺麗なpdfを贅沢にも画面いっぱいに広げられるのが気持ちいい。大画面テレビとかもこういう気分なんだろうか。

画面いっぱいに広げられるのがデュアルディスプレイの強みだよなぁ。

2008/05/25

カテゴリ分け

一応カテゴリタブなんて用意して、このデザインにした当初は真面目にカテゴリ分けしてた。けど最近コンソールから xml-rpc 経由で投稿することが多くなって、全然やってない。全部「徒然」カテゴリに入ってるはず。

アクセス解析ログを眺めてると、「ゲーム Tkinter」で流れついてる人がいたりする。そんな記事書いたっけなぁと思いつつ実際にやってみると、カテゴリタブの「ゲーム」という文字列が引っかかってるっぽい。

活用できてない上に、検索エンジンを誤解させて人様に迷惑をかけてしまっている。今度 css 書き直すときにでも消そうかなぁ。いつになるか分かんないけども。

いやまぁ一番いいのはちゃんとカテゴリ分けすることなんだけど。xml-rpc のパラメータにそんなのあるんだろうか。なんか微妙だな。なさそ。

2008/05/25

木構造の応用範囲の広さは異常

考える技術・書く技術という本を読んでいる。

まだ読了はしてないが、まえがきと読んだ部分から察するに、事象をピラミッド構造にして考えると、理解しやすいし、相手にも伝えやすいよ、ということが本書の概要だろう。

本書ではピラミッド構造という言葉が用いられているが、プログラマ界隈で使われる木構造という言葉と同義っぽい。つまり、木構造を持って思考を繰り広げるといいよ、ということ。

木構造で考えるといいよ、と述べてるものは結構ある。

すぐに思いついたものだと、マインドマップがそれに当たる。マインドマップは各キーワードが木構造のノードとなる。子ノードは親ノードを具体化・詳細化するような内容になる。

他にも、「分かりやすい文章」の技術という本にも、同じような内容があった。文章もまた、一種の木構造である。本であれば、ルートノードは「本」。本の子ノードは「章」。章の子ノードは「節」。といった具合(もちろん異なる構成の本もあるけど)。

身近なところでは UNIX のディレクトリ構造も木構造だし、XML も木構造に近い。探してみると意外とたくさんある。かも。

それでまぁ、こういうディレクトリ構造だとか、マインドマップのデータ構造だとか、そのプログラムを書く度に木構造のデータ構造を作ったりしちゃうんだけど、いっぺん思いっきり抽象化した木構造のライブラリ作っとくと便利かもなー、なんて思った。

2008/05/24

qwerty 配列で 6

どっちの指で押すか、という話題が会社で盛り上がった。俺ともう1人だけ右手人差し指派で、他は左手の人差し指派で別れた。

社長曰く左手が正しいらしい。いやーでも俺は右だなぁ。打ちやすいほうで打てって話なんだけど。

2008/05/19

島美人

なぜか実家に帰ると必ず渡される島美人。あんまり好きではないが、ないよりいいかってことでもらって帰るんだけど。

が、いつも水割りで飲むところをロックで飲んでみたところ、なかなか旨い。甘い香りが広がっていい感じ。物は試しだなぁ。

2008/05/13

クラス設計

なんか最近似たり寄ったりなクラス設計しかできていないなぁ。

同じアプローチならそれがちょうどいい抽象度だろうと思えるクラス設計にしてるつもりで、まぁそれなりに評価はもらえてる。しかしこう、どれも何となく似たり寄ったり。

頭が固くなってるのかな。こういう状況から抜ける処方箋ってなんだろ。オープンソースプロジェクトのソース見るとかがいいのかな。

2008/05/13

eclipse 依存

vim と ant だけでシコシコと Java 書いてたけど、くだらないミスが多いこと多いこと。タイポから名前の書き忘れ、package 指定忘れ、その他諸々。

普段こういうのは eclipse が勝手にやってくれるだけに、ついおろそかになってしまう。要はおれがしょぼいんだけど。

そういうことばかりに時間を取られて、くじけそうになってくる。eclipse 入れようかなぁ。

2008/05/13

Java のアノテーション

再帰構造にできないことを今更知った。やろうと思ってたことを実現するには再帰構造が持ってこいだったんだけどなぁ。残念。あと総称にも制限があるってことを知らなかった。これも残念。

以下でも言及されてる。俺が思ってたこととほとんど同じことが書いてあって笑った。

アノテーションの限界 - まさたか日記

2008/05/11

Unix Command-Line Kung Fu

Unix Command-Line Kung Fu

Unix コマンドラインの TIPs 集みたいなもの。こんなのできたのか・・・てのが満載。!$!* は便利ぽいなぁ。

2008/05/05

map

scheme の map 関数は、複数のリストを受け取ることができる。例えば、

(map +
  (list 1 2 3)
  (list 4 5 6)
  (list 7 8 9))

は、(12 15 18) を返す。

これを知った時点で「へー」と思ったんだけど、ふと、異なる数の引数を検出するとどうなるんだろうと思った。

(map +
  (list 1 2 3)
  (list 4 5 6)
  (list 7 8))

結果は、(12 15) だった。どういう実装になってるんだろう。

2008/05/05

昨晩、猫にLANケーブルを食いちぎられる夢を見た。恐ろしい。

2008/05/03

フォントの問題

/var/log/xft.log は空っぽだった。

FontPath 関連かなぁとも思ったけど、特に変更は加えてないし、Xorg.log にもそれっぽいものはない。

なんだろうなぁ。もやもやする。

2008/05/03

今日

だらだらと。

awesome

apt-get で入れたけど、やっぱ自分でビルドしようかな。最新バージョンが 2.3 で、ubuntu パッケージのものは 2.0 だった。

awesomerc の man ページがなかったり、バージョン差異によって awesomewki の設定が参考にならなかったり。

フォント

そういえば、フォントがまたアンチエイリアスかかるようになっていた。朝起きるとこうなる。熟成させるとこうなるんだろうか。

xfs 関係のなんかかなぁ。夜にでもログ眺めるかなぁ。

図書館

なにかしらにテーマを絞って本を探すつもりだったけど決まらない。経済、運動、コンピュータ系(なんでもいい)が候補かなぁ。行ってから決めりゃいいか。

2008/05/03

フォント

今日からかなぁ、アンチエイリアスが効いてない部分が出てきてる。昨日までは全部アンチエイリアスかかってた気がするんだけど。

別にかかってなくても気にしないし、かかってないほうがいい部分もあるんだけど。なんかこう、自分の知らないところで何かが変わっているのが気持ち悪い。

2008/05/03

ドリップパックのコーヒー

普段は、豆買って自分で挽いてからコーヒーを入れて飲んでいる。けど最近金がなくて豆を買えないので、仕方なしにドリップパックのコーヒーを飲んでいる。

インスタンスコーヒーに比べれば格別にうまいんだけど、自分で挽いたやつに比べると、とても薄い。物足りない。

そのせいなのかなんなのか知らないけど、とても茶菓子が欲しくなる。

2008/05/02

awesome

なるほど。xmonad の mod-shift-{w,e,r} みたいなことができないのか。

2008/05/02

awesome

xmonad は結局諦めて、よく xmonad 比較の引き合いに出される awesome を試してみた。

インストールは ubuntu のパッケージを、apt-get でそのまま入れた。特別なことはせず。

デフォルトの mod キーが Mod4 だったこと以外はほとんど戸惑うことなく導入できた。肝心の Xinerama 関係も問題なし。xmonad ほどは洗練されてないよ、って記事を見たけど、特に問題無し。

色々キーバインドが違ったり、dmenu 呼び出しのキーバインドがなかったりといった xmonad との違いは設定で補った。設定の文法は xmonad のそれよりずっとわかりやすい。

設定した項目は、

  • Mod4 を Mod3 に変更
  • Mod3 + Return で起動する端末を xterm から urxvt に変更
  • Mod3 + p で dmenu_run を起動するように追加
  • スクリーンの切り替えを、xmonad 風に変更

ステータスバーをいじったりとかはその内に。

あと何も設定しないと、Mod4 + Return で起動されるのは xterm なんだけど、なぜか起動されなかった。.xsession に urxvt & って書いといたからよかったものの、これは軽く焦った。

なんでだろうと思って .xsession-errors 見ると、/bin/bash: line 0: exec: xterm not found とか出てやんの。X 入れるだけじゃ xterm って入らないのね。

2008/05/01

vimperator 0.6 pre の hit-a-hint の挙動

大体分かった。

f

基本的にリンクにジャンプするだけ。ただし、f の後にアルファベットを打つと、そのアルファベットを含むリンクだけに hint を絞る。

;

以前までの ; と違うのは、打つ順番。以前は ; で hint を出したあと、アルファベットを打ち、o だの t だの y だのを打つことでアクションを決定していた。

しかし 0.6 pre では、; の後にアクションを打つことになっている。例えば、新しいタブでリンクを開く、の操作は、; t 1 などとする。リンクのコピーは、; y 1 という感じ。

2008/05/01

家庭用IIDX

ニコニコのプレイ動画見てるとやりたくなってくるなぁ。

来年社長がテレビを買い換えるとかで、余るブラウン管のテレビをくれるっていうから、それまで待つんだけど。

全然関係ないけど、突然操作を受け付けなくなるのは firefox 3.0b5 に限った話ではないっぽい。blog の記事を vim@urxvt で書いてるんだけど、突然操作を受け付けなる時がある。まぁ別いいけど。

2008/05/01

vimperator 0.6 pre

firefox 3.0b5 になった関係で vimperator 0.5 が使えなくなったので、vimperator 0.6 pre を入れた。f と ; の挙動が全然違うので戸惑う。

vimperator 0.5 では f で出たアルファベットを大文字で打つと新規タブにリンク先を表示させたり、; ではアルファベットを打った後に t って打つと新規タブにリンクを表示させたりできてた。

でも vimperator 0.6 pre ではアルファベットが数字に変わってて、これができない。; の挙動は 0.5 のそれとは全然違うみたいだし。

まぁヘルプ嫁って話か。って、f と ; 関連のヘルプがないんだよな。

2008/05/01

firefox 3.0b5

たまに5秒くらい、一切操作を受け付けなくなる時があるなぁ。ベータだからしょうがないし、待っときゃ戻るからいいんだけど。

2008/05/01

alsamixer

pcm の音量を設定するのと、 speaker がミュートになってるのを解除すれば、音が出るようになった。

alsaconf 入れてみたり、何かいろいろ苦労したけど結局 alsamixer だけでいけたっぽい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。