--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/20

Programming in Haskell 読み終わった

初の洋書完読。それだけでちょっと感動。それだけじゃあんまりなので、読んだ感想をば。

8(Functional Parsers), 9(Interactive Programs), 10(Declaring datas and classes) という流れで Monad を定義したのは見事だと思った。8 章で Parser 型、9 章で IO 型のそれぞれにおける (>>=) と return の定義を見せておいて、10 章で class の定義のしかたを解説。その上で、Parser と IO の共通インタフェースを、Monad として定義。実にわかりやすい説明の流れだった。こういう説明ができるようになりたい。

11 章はちょっとした具体例の上で、リストに関する汎用的な関数をちょこちょこと定義。その他、具体例に対する高速化の検討のなかで、枝刈りの手法などが紹介されていた。

12 章はわりと知ってた話題。ただ、参照透明の理解がより深まった感じかな。Lazy Evaluation は、ただ単に必要になったときに評価するだけの手法ではない。

13 章は感動物。帰納法を用いて、関数の汎用化と高速化をやってみせている。プログラミング言語の入門書でこんなことやるかよという感じ。(++) が駆逐されていく様が面白い。

各章の最後に発展的な具体例が載っているのだけど、それがいちいち面白いのが印象的だった。

2009/02/16

会社の飲み会

最近行くのが面倒になってきた。

2009/02/16

花粉症

始まった。もうやだ。

2009/02/12

Programming in Haskell 7章まで

読んだ。大体知ってることのおさらい(そもそもそれ目的)なので、「これは知らなかったぜー!」ってのはあんまりない。あんまりないってだけで、少しはある。

リスト内包表記の章は面白かった。リスト内包表記にあんまりいい印象なかったんだけど、この本に書いてあるリスト内包表記のコードが素晴らしく読みやすく、その有用さが分かる。zip 関数と親和性が高いことが書かれてたりとか、リスト内包表記を使った発展的な例があった。

あと、高階関数の章の、最後の例が面白かった。transmit 関数の簡潔さ、明快さといったらもう。まぁ実際の文字列通信をやるとしたら、こうはいかないんだろうけども。

全体的に英語(もとい単語)が簡単で、すごく読みやすい。初完読の洋書になりそう。

2009/02/12

カフェイン

コーヒーがあんまり美味かったもんで、昨晩調子に乗って飲んでたら、カフェインパワーにやられて眠れなかった。なにやってんだ俺。

2009/02/12

コーヒー豆

2週間ほど前に駅で買った豆はゲロマズだった。久しぶりに自分で豆挽いて入れたのに、非常に残念な気持ちになった。

んで今日、前から気に入ってたコーヒー屋まで足を運んで買ってきた。やっぱうまい。最高だ。これがコーヒーだ。

行くのが面倒でも、やっぱコーヒー豆には妥協しないほうがいいと、再認識した。

2009/02/05

あー

++myAge == 22

2009/02/02

近況

木曜から土曜まで飲み会続き。土曜の飲みからは日曜の朝7時に帰ってきたあれで、夜の10時まで寝ていた。そんな感じでここんところは、いつになくウダウダと過ごしている。

隣の部屋から音がすると思ったら、どうやら今日引っ越してきたらしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。