--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/28

[RedHat系Linux]ディレクトリの役割[/直下編]

Linuxには/binだの、/etcだの、/usrだの、もともとWindowsユーザーだった人間には意味の分かりづらいディレクトリがある。しかしこのディレクトリ構成は、それぞれのディレクトリに役割を割り当てられ、かつどのディストリビューションも似たような構成に統一するために、FHS(Filesystem Hierarchy Standard)というものによって規定されている。

そゆことでメモ書き。

/bin
管理者、ユーザともに頻繁に使用する、基本的なコマンドをまとめるディレクトリ。ユーザーが手を加えるではない。

/boot
ブート時に必要なファイルをまとめるディレクトリ。カーネルとか、ブートローダーとか。grubをいじるときや、カーネルの再構築をするとき以外は触る必要はない。

/dev
デバイスファイルが配置されたディレクトリ。LinuxではPCの中身(こういう表現はアレだけどPCの中の機械のこと)までもファイルとして扱うのが特徴らしい。そのファイルがここにまとめられている。

/etc
さまざまな設定ファイルがまとめられたディレクトリ。かなりの数のファイルがある。びびる。

/home
各ユーザのホームディレクトリ。Winでいうマイドキュメント。できればパーティションを独立させたほうがいい。
なお、/homeはFHSには必須ではないと規定されており、共有ファイルサーバ専用機とかなら/homeは必要ない。

/lib
カーネルのブートに必要なものと、/binや/sbin内のコマンドを実行するのに必要なライブラリをまとめたディレクトリ。

/lost+found
fsckでディスクチェックしたときに作られる破損ファイルの断片をまとめるディレクトリ。/ だけにあるわけではなく、色んなところにある。
断片ファイルがまとめられているとはいえ、ここに集められたファイルから元のファイルに復元するのは至難の業で、こんなところよりも普段からのバックアップを心がけましょう。私は一切していません。

/mnt
一時的にファイルシステムをマウントするためのディレクトリ。環境によっては、最初から/mnt/floppyや、/mnt/cdromがあったりする。root専用。

/opt
RPMなどのパッケージ管理システムでプログラムをインストールする際に使用するディレクトリ。bin,doc,include,info,libなどのサブディレクトリを持つ。

/proc
カーネル内部の情報にアクセスするためのファイルをまとめるディレクトリ。CPU,PCIバス、そして文字どおりのプロセスの情報を読み出せる。

/root
スーパーユーザのホームディレクトリ。つまりrootの/homeみたいなもの。一般ユーザの/homeと分かれているのは、一般ユーザの/homeが壊れても、rootだけは作業できるようにするため。

/sbin
ブートや、システムのリカバリに関するシステム標準コマンドがまとめられたディレクトリ。/binとの違いは、rootだけが使えるシステムメンテナンス系のコマンドが集められていること。

/tmp
文字どおり。一時ファイルの保存場所。Windowsにもあるよね。

/usr
これも文字どおり。ユーザのためのディレクトリ。多くサブディレクトリを持つ。この中の/usr/localというディレクトリはパッケージ管理システムの管理外。自分でソースからコンパイルしたプログラムなどは/usr/localに配置するのが一般的。

/var
プリント、メール、キャッシュ、ログファイルなど、変化していくファイルをまとめるディレクトリ。/tmpと違い、リブートしてもファイルは消えない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。