--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/28

ubuntu feisty install note

Ubuntu edgy のインストールディスクしか手元になかったため、edgy をインストールし、feisty にアップグレードした。edgy から直接 gusty にはいけないらしい。/etc/apt/sources.list いじればいける?まぁこれはさておき。とりあえず feisty のまんま。というのも gusty があんまり評判よくないため。日本語ローカライズ版はいい、って話だけどなんとなく不安なので、そのうち上げる。

feisty にアップデートするまで

edgy のインストールCDを入れて通常通りインストール。インストール終了後、ログインして

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

たまってるアップグレードをインストールする。その後、[システム]->[システム管理]->[アップデートマネージャ]->]新しいディストリビューション '7.04' にアップグレード] を選択し、feisty へ。

以下、feisty にアップグレードした後のセットアップのお話し。

/etc/apt/sources.list を書き換える

アップグレードした直後の状態だと、端末で日本語入力をしていると端末が落ちる症状が起きる。これを防ぐための書き換えと、universe を有効にするために /etc/apt/sources.list を書き換える。以下を追記する。

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ feisty universe
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ feisty universe
deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja feisty/
deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja feisty-ja/

そしていつもの。

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

バックスラッシュとバーを打てるようにする

我が家のキーボードは Happy Hacking Keyboard Professional 2 で英語配列なわけだが、なぜか

setxkbmap us

しただけでは \ と | が打てなかった。なのでこれを有効化する。/etc/X11/xorg.conf の Section "Keyboard" を書き換える。

XkbModel "pc101"
XkbdLayout "us"

なお、こうしておくと setxkbmap us を実行する必要もなくなる。

Automatix2 をインストールする

何かと便利なのでとりあえずインストールしておく。でも、とりあえず動くことは動いたものの、これはなんか若干怪しかった。もっといい方法が別にあるかもしれない。

まず、/etc/apt/sources.list に以下の行を追加する。

deb http://www.getautomatix.com/apt feisty main

そして以下のコマンドを入力する。

wget http://www.getautomatix.com/apt/key.gpg.asc
gpg --import key.gpg.asc
gpg --export --armor 521A9C7C | sudo apt-key add -
sudo apt-get update
sudo apt-get install automatix2

sudo apt-get update のところで警告が出る。これはおそらく 正しい gpg 公開鍵を使っていないからではないか、と思う。このやりかたを参照したのが edgy で紹介していたページで、/etc/apt/sources.list に書き加える行を、edgy から feisty に変えただけだからだ (紹介ページでは feisty ではなく edgy になっていた)。まぁとりあえず動くのでほったらかしといた。

Java 開発/実行環境をインストールする

本当は Automatix2 経由で入れる計画だったんだけど、インストールしてみたらエラーが出たから apt-get で入れた。

sudo apt-get install sun-java6-bin sun-java6-jdk sun-java6-jre\
sun-java6-source sun-java6-plugin sun-java6-fonts

sun-java6-demo と sun-java6-doc は外した。demo は要らないかな、という理由。doc はいつもエラーが出るから。

Automatix2 からインストール

とりあえずインストールしておくものとして、

  • Azureus
  • Flash Player
  • MPlayre and FF Plugin
  • Multimedia Codecs
  • SUN JAVA 1.6 JRE

後は気が向いたとき、必要になったときに。

Firefox をセットアップ

以下の拡張をインストールする

  • All-in-One Gestures
  • All-in-One Sidebar
  • del.isio.us Bookmark
  • Download Statusbar
  • Greasemonkey
  • NoScript
  • QuickRestart
  • Tab Mix Plus
  • Vimperator

以下のグリモンスクリプトをインストールする。

about:config で以下を設定する

  • network.dns.disableIPv6 を true
  • browser.cache.memory.enable を true
  • browser.cache.memory.capacity を定義し、16384 を設定
  • config.trim_on_minimize を定義し、true

[編集]->[設定] で以下を設定

  • ホーム -> about:blank
  • ダウンロードフォルダ
  • ダウンロード履歴を残す -> チェックを外す

Compiz Fusion をインストールする

参考URL参照。ただ1つうまくいかなかったところをメモ。

Option "AddARGBGLXVisuals" "True"

上記の行が /etc/X11/xorg.conf にないために、compiz が正しく動いてくれなかったご様子だった。/etc/X11/xorg.conf の Section "Device" に上記の行を追加すると解決した。

M+IPAG 合成フォント

参考URL参照。

参考URLまとめ

後は適当にテーマとかいじって終わり。

追記。テーマについて

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。