--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/24

vim に自作のコマンドを追加する

scheme を vim で書いてて、ふと Haskell mode の :GHCi みたいなことがやりたくなったので、コマンドを自作しよう。と、思ったが、今にして思えばそんなことしたことがなかった。なので今まで見たことがなかったプラグインの .vim ファイルを眺めて、それっぽいところを調べた。

vim でコマンドを定義するには、command コマンドを使う。command! とかあるけど、結構単純。以下サンプル。

"hoge と出力するコマンド: Hoge
"ただし、他に Hoge コマンドがある場合はエラーを吐く
command Hoge echo "hoge"
"fuga と出力するコマンド: Fuga
"ただし、他に Fuga がある場合はエラーを吐かず、上書きする
command! Fuga echo "fuga"

command[!] コマンド名 実行内容 という構成。! がつけば上書きになるのは、function のそれと同じ。

で、肝心の scheme 実行コマンドは

autocmd BufEnter *scm command! Run echo system("/usr/bin/env/ gosh ".expand("%"))

*.scm ファイルを読み込む時に、開いてるバッファの scheme プログラムを、/usr/bin/env gosh で実行するコマンド Run を定義する。

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。