--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/01

ノートに freemind 入れた

過去に幾度となく失敗している freemind.おそらくキーボードとの相性が悪いのだろうという決着に落ち着いていた。さっきそのことをふと思い出した。

vym でもいいっちゃいいんだけど、負けっぱなしが悔しいので、ノートに入れてみた。

手順はここを参考にする。hardy heron とかの分も追加されてる。メンテされてるんだね。

java 6 が既にインストールされてる状態でインストールしたんだけど、apt-get install freemind するとjava-1.5.0-sun-1.5.0.13 がおまけについてくる。よっぽど java 5 で実行してほしいっぽいらしい。

/usr/bin/java のリンク先変えるのもやだし、スクリプトを書換えて無理矢理対処する。

/usr/share/freemind/freemind.sh の 169 行目の上に、

JAVACMD=/usr/lib/jvm/java-1.5.0-sun-1.5.0.13/bin/java

と一行加える。これで java 5 で実行される。

これを施していざ実行ッッッ!!!! ふつーにうまくいった。やっぱあれか、HHK 嫌われてんのか。Fn キー駆動のキーボードイベントに対応してないんだろうな。たぶん。

xmonad との親和性

が悪すぎる。というのも、通常 xmonad みたいなタイル型WMで GUI アプリケーションを起動すると、勝手に最大化される。画面をフルに使おうとウィンドウを操作する、タイル型WMならではのコントロールなわけ。なんだけど、この freemind は大きさが固定らしく、最大化されない。いや最大化はされるんだけど、肝心のパレットの部分が最大化されてない。これはいただけない。

とえらそうに言ったものの、そもそもマインドマップ全然使ってないという事実に今頃気づいた。じゃあ別にいいか。俺がマインドマップ使うようになる頃にはいい感じのツールがあるはずさ。

よし、ポテトチップス買いにいこう。

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。