--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/02

awesome

xmonad は結局諦めて、よく xmonad 比較の引き合いに出される awesome を試してみた。

インストールは ubuntu のパッケージを、apt-get でそのまま入れた。特別なことはせず。

デフォルトの mod キーが Mod4 だったこと以外はほとんど戸惑うことなく導入できた。肝心の Xinerama 関係も問題なし。xmonad ほどは洗練されてないよ、って記事を見たけど、特に問題無し。

色々キーバインドが違ったり、dmenu 呼び出しのキーバインドがなかったりといった xmonad との違いは設定で補った。設定の文法は xmonad のそれよりずっとわかりやすい。

設定した項目は、

  • Mod4 を Mod3 に変更
  • Mod3 + Return で起動する端末を xterm から urxvt に変更
  • Mod3 + p で dmenu_run を起動するように追加
  • スクリーンの切り替えを、xmonad 風に変更

ステータスバーをいじったりとかはその内に。

あと何も設定しないと、Mod4 + Return で起動されるのは xterm なんだけど、なぜか起動されなかった。.xsession に urxvt & って書いといたからよかったものの、これは軽く焦った。

なんでだろうと思って .xsession-errors 見ると、/bin/bash: line 0: exec: xterm not found とか出てやんの。X 入れるだけじゃ xterm って入らないのね。

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。