--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/24

複数のアクションの結果を要する関数に >>= する

複数のアクションの結果を要する関数に値を渡すときには do 記法を使っていた。というのも、どうすれば >>= を使って表現できるか分からなかったから。

そして今、ようやく1つの書き方が分かった。

do a <- getChar
   b <- getChar
   print $ maxChar a b

これを以下のようにする。

getChar >>= \a -> getChar >>= print . maxChar a

まぁどれほど嬉しいかと言えば大して嬉しくはないのだけれど。書けるか書けないか、書くか書かないかの差は、気分的にでかい。

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。