--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/04

Project Euler: Problem 6

Problem 6

昨日は酔っぱらってあげるの忘れていた。

この問題を解く際、はじめは因数分解から導ける式を元に解こうとしていた。(x+y)^2 = x^2 + y^2 + 2xy だから、x と y の和の二乗と、二乗の和の差は 2xy であるというもの。しかしこれを 1 から 100 までやると、xy の組合せを構築するのに時間がかかり、結果として率直に解いたほうが速かった。

実行結果

$ runhaskell 6.hs
25164150

プログラム

1 = (sum [1..100])^2 - (sum $ map (^2) [1..100])
2
3 main = print $ f
スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。