--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/16

[ubuntu]Freemindのフォントの件

[ubuntu]howto install Freemind

フォントの話に入る前に、昨日インストールしたFreemind0.9.0 betaそのものの挙動がおかしいということを今日実際に使ってみて発覚した。

具体的には、作業しているといきなりキーボード入力を受け付けなくなるというもの。ショートカットキーからノードの名前入力まで、ありとあらゆるキーボード入力がFreemind上で受け付けられなくなる。僕だけなんだろうか。

そういうわけでFreemind0.8.0をインストールした。インストールといってもsourceforgeからファイルをDLして ./freemind.shで実行するだけ。手順は以下。

  1. ここからfreemind-max-bin-0_8_0.zipをダウンロード。
  2. mkdir freemind
  3. unzip -d freemind freemind-max-bin-0_8_0.zip
  4. cd freemind
  5. sudo chmod 755 freemind.sh
  6. ./freemind.shで動作確認

なんか怪しい手段っぽいけど、本題。

フォントが汚いって件について、色々調べた結果これは無理なんじゃないか、という結論に達した。

まず、Freemindの環境設定で設定はFreemind内のノード内のデフォルトフォントで、メニューのフォントではなかった。ではどこで設定するのかというと、Java自体のフォント設定だった。

設定ファイルは /usr/lib/jvm/java-1.5.0-sun/jre/lib/fontconfig.properties

それで、ネットで拾ってきた修正済の設定ファイルをコピー&修正したりしてみたけど、Java 5ではフォントを変えたところで荒っぽさが消えることはなかった。

そこでJava 6では綺麗にフォントが描画されている記事を発見したのでJava 6をインストールして設定し、Freemindを起動しみたところ、フォントが綺麗に描画された。

が、Freemind自体がJava 6では正しく動作しない。フォントだけのためにFreemind自体の挙動を失うわけにはいかないので、Java 5を使わざるをえない。

まとめるとこんな感じである。

version フォント 挙動
Java 5 汚い 正しい
Java 6 綺麗 おかしい

スクリーンショットで比較してみる。

Java 5
freemind_5

Java 6
freemind_6

とりあえず我慢することにする。

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。