--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/08

色々発見

Vimで色々と発見したことと、2つだけプラグインを入れてみた。

発見したことはプラグインを見付けている時に偶然発見したもの。

以前から、こういうコマンドがあればいいのに、と思っていたことで、ファイルエクスプローラからファイルを開くときに新しいウィンドウで開けないか、ということ。それからもう1つは、ウィンドウを分割したときにそれぞれ別のカレントディレクトリにできないのか、ということ。

Vim の help が偶然検索にヒットし、中身を見てみたところそれに該当するコマンドがばっちり紹介されていた。

新しいウィンドウに開くほうは、ファイルを開くときに o を使えばいいだけだった。

ウィンドウ別のカレントディレクトリの設定は :lcd でディレクトリを指定すると、そのウィンドウだけに指定したカレントディレクトリが適用される。

やはり基本的に Vim の操作に関する情報はほとんど help に網羅されてるっぽい。何か欲しいときは、まずは help、それでもなければ vim.org でスクリプト検索をするといいだろう。

それから今回導入したというプラグインは、EnhancedCommentifyと、VTreeExplorerというプラグインを導入した。

EnhancedCommentifyはコメント化、非コメント化を楽にするプラグインである。ビジュアルで範囲選択し、\xと入力すればその範囲がコメントアウトされる。ちなみにインサートモードでも有効らしく、前述のコマンドを書く際、行がコメントアウトされてしまった。

VTreeExplorerはファイルエクスプローラでディレクトリツリーを表示できるようにするもの。rename とか delete とかできないっぽいから、ツリー表示できること以外は低機能なのかなぁ。もうちょっと使い込んでみて、判断しようと思う。ちなみにVTreeExplorerに対しては以下のような設定を行っている。

" 縦分割でエクスプローラを表示
let g:treeExplVertical=1
" エクスプローラから Enter で開くとき、エクスプローラの右のウィンドウに表示
let g:treeExplSplitRight=1

:VSTreeExplorerで縦分割の左側にツリーを表示する。

ツリーを表示できたときや、今まで:'<,'>s/^/\/\/ /gなどとしてコメントアウトしていたのが \x で一発だったりとか、色々と感動してしまった。一番感動したのは :lcd かな。一番困ってたからね。

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。