--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/24

Webアプリケーションセットアップ

Tomcat による web アプリケーション構築を開始した。今回のようなセットアップは今後何度も体験するだろうから、何度も調べなくていいようメモを残しておく。なお、環境は coLinux 内に構築している debian etch。

ディレクトリ構造

Tomcat web アプリケーションのディレクトリ構造を構築。

cd /my_websys
mkdir WEB-INF
touch web.xml
cd WEB-INF
mkdir classes lib src
touch build.xml

src ディレクトリと build.xml は必須ではない。ant を使うのでこれらも同時に作った。

Tomcat 5.5 の Context の設定

$CATALINA_HOME/conf/Catalina/localhost 内に Context名.xml と名づけた xml ファイルを作り、以下のように記述する。

<Context path="/my_context" docBase="/home/hoge/work/my_webbsys" debug="0" reloadable="true">
</Context>

Context の設定場所には色々と流儀(?)があるらしく、この他にも server.xml 内に Context タグを作成することで設定したり、$TOMCAT_HOME/プロジェクト名/META-INF/context.xml に設定したりなどあるらしい。(後者はよく分かってない)

Postgresql をインストール

sudo apt-get install postgresql
cp /usr/share/java/postgresql.jar web アプリケーションのディレクトリ/WEB-INF/lib

ついでに lib へ postgresql の api を追加しておく。/usr/share/java 内に配置されることを知らず、find しまくった。ちなみに postgresql のバージョンは 7.4 だった。さすが stable。

流石に3回もやると・・・。

初めて Tomcat での web アプリケーション開発環境構築を行ったときは、本当に時間がかかった。あれのおかげというべきなのか、今ではだいぶこういった環境構築作業に慣れたように感じる。何事も経験か。

スポンサーサイト

comment

post




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。